PWA(プログレッシブ ウェブアプリ)とは?

PWAとは?ネイティブアプリの時代が終わる

PWA(プログレッシブ ウェブアプリ)とは、ウェブとスマートフォンのネイティブアプリの両方の利点を兼ね備えたアプリケーションのことを指します。

PWAとは?

AMPとの違い

AMPとPWAは、どちらもGoogleが主導したプロジェクトです。

  • AMP
    モバイル表示のWebページで高速化を図るためのもの
  • PWA
    モバイル表示のWebページでネイティブアプリのようなUX体験を用いることが出来る

AMPに関しては過去の記事でも取り上げています。

PWAを利用するメリット

  • インストールする必要性がない
  • ホーム画面にアイコンを追加することが出来る
  • プッシュ通知を利用することが出来る
  • オフラインでも利用できる

PWAはどう活用できる? PWAの今後

PWAは、レスポンシブ対応をしているため、パソコンやスマートフォン、タブレットなど機器を限定せず利用できるというのも一つのメリットです。
OSや環境に依存しないため、PWA対応をすれば様々なプラットフォームで利用することが可能です。

実際にPWAを利用しているサイトの例として、「Twitter Lite」や「SUUMO」などが挙げられます。
PWAをホーム画面に追加した場合、通常のネイティブアプリと同じようにWebサイトを利用することが可能になります。

コンテンツファースト

PWAによりアプリを開発する考えが、薄れてくると、現在運用しているブログやメディアサイトがアプリの資産となります。
そもそも、コンテンツに敷居を持たせ、「私だけの情報」にいつでも目に触れるように、画面のどこかにあれば機能を果たします。

エンドユーザー側は、手間を省き、素早く閲覧できる機能さえあれば、そのほうが使いやすいのは当然ですよね?

コンテンツファーストの考え方は継続され、さらに利便性を持ったPWAに今後移行していくのかな、という気がしてきます。
「自社のメディアを持ちたい」と考える企業ニーズにかなった、またユーザーの動向にかなった、流れというのを合間見ていくと面白いですよ。