Accessibility

「アクセシブルウェブ」とは

"accessible"は"access"+"able"、すなわち「アクセス可能」"

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者も含めた、誰もが情報を取得・発信できる柔軟性に富んでいて、アクセスした誰もが同様に情報を共有が出来る事です。

ユーザー体験の土台となり、良好なユーザー体験を作る上で欠かせないものです。

障害がある方でも、音声読み上げ機能を使って理解できる、文字を拡大して見れる、キーボードのみで操作できる、色の反転ができる、などの工夫をしページごとに障壁を取り除く作業を施します。

ユーザビリティに配慮したホームページであるかどうかのテストも行い、一般の運用に関してもSEO対策(検索エンジン最適化)のコンサルティングと合わせて行うことが可能です。

ウェブアクセシビリティ

アクセシブルなサイトの実装例

  • 画像やアニメーションには、alt属性(テキスト)を用いて、機能を説明する
  • メディアコンテンツの音声情報には字幕を、動画には画像の説明の音声を合わせて提供する
  • ハイパーリンクには、「ここをクリック」など意味が理解できないテキストの記述を避ける
  • ページの体裁にはできるだけCSSを使い、見出しや箇条書きなど一貫性のある形で提供する
  • 表は1行ずつ読み上げられた時にも内容が理解できるように要約をつける
などが代表例です。

他社との違いは?

コンテンツとサービスをビジュアルデザインに配慮し提供する
ブランド価値を高める

誤 解

アクセシビリティを高めると、ビジュアルデザインが劣ってしまうから、必要ない!

正 解

人によって「使いやすい」は違う。だから目的を達成するためのデザインが必要

「アクセシブルウェブ」独自のメニュー
アクセシビリティに準拠したウェブサイトの構築だけでなく、パーツ単位でも受注可能

1目視検査

検査すべきウェブコンテンツを選定

目視検査

2コーディング

是正措置が必要なページのコーディング

コーディング

3証明書

修復完了後の結果を測定

証明書

適合性評価の流れ

アクセシビリティに対応したウェブページの①検査、②コーディング、③評価・報告を行うことで、クライアント様のウェブページを「JIS X 8341-3」の品質基準、A又はAAの達成基準に適合させます。

検査

検査すべきウェブページを選定し、選定されたウェブページの検査を行います。

コーディング

検査結果を受けて修正が必要なウェブページに対して、JIS X8341-3に沿ったコーディングを行います。

検査証の発行

修正されたウェブページを再度チェックし検査結果に対し検査証を発行します。

適合性評価

発行された検査証と下記の内容を照らし合わせます。

  • ウェブコンテンツの検査結果(検査証を参照)
  • アクセシビリティ方針
  • アクセシビリティガイドライン
  • 更新運用に関するガイドラインと実施記録
  • 過去の検査記録との比較(過去に検査を受けていた場合)

適合証明書の発行

適合性評価を受け、適合の場合、自社の適合性証明書を発行します。

適用規格

JIS X 8341-3

高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ

WCAG2.0

ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン バージョン2.0

ISO/IEC 40500

WCAG2.0と同格。国際標準規格。

サービスの内容

検査サービス

  • サービス内容
    ホームページのJIS規格などの対応状況について、コンピューターでは判別しきれないため目視による検査を実施します。
  • 検査項目
    AAの場合最大38項目検査
  • 価格
    12,000円〜/ページ

専用コーディング

  • サービス内容
    アクセシビリティの検査結果をもとに、JIS規格に準拠したホームページへの修正を実施します。
  • 価格
    8,000円〜/ページ

評価・検査証発行

  • サービス内容
    検査結果をもとに、当社がウェブページを評価し、JIS規格への適合状況などについて、自社独自の検査証を発行します。
  • 評価項目
    Aランク25項目、AAランク38項目、AAA61項目
  • 報告項目
    検査結果、アクセシビリティ方針、アクセシビリティガイドライン、更新運用及び実務記録、過去の検査記録