Webサイト

Webサイトについて考える

Webマーケティングを確立させる

商品をあからさまに売る方法を避け、まずはお客様に信頼していただくことを目標にし、お客様に好まれる情報を資産として作っていくことが必要とされるようになりました。

比較するのが当たり前となった現在、これまでのように情報を押し付けられる(プッシュ型)のではなく、自ら取得する(プル型)形に消費者の行動が変わったことにより、PDCAのサイクルは明確にマネジメントと戦略性を持つことが要求されています。

上流の段階でコンサルティングを行い、方向性を見極め、正しいアプローチをご提案させていただいております。

サイトの構造

基本の構造はシンプルなサイトであれば、見た目で誰でも管理できるCMSです。

また、サイトの中にブログを作成できるため、SNSと合わせて日々のPR活動や認知アップ、潜在的なユーザーへの訴求にも繋がります。
サイトのテーマに合わせてページ数の多い複雑なものも機能のカスタマイズを行い管理できます。

ウェブアクセシビリティとUX

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者も含めた、誰もが情報を取得・発信できる柔軟性に富んでいて、アクセスした誰もが同様に情報を共有することが出来る事です。UXにおけるユーザビリティへの配慮など、目的に応じて採用していきます。

ユーザー体験の土台となり、良好なユーザー体験を作る上で欠かせないものです。
専門サービス「アクセシブルウェブ」ではJIS X8341-3やWCAG2.0に準拠したサービスも行っております。

セキュリティ

悪質な手口でページを改ざんし、個人情報を盗み取られる問題も増えていることに配慮し、常時SSLの導入を進めています。独自ドメインのサイトでは、SSL/TLS証明書を発行するサービスのドメイン認証型SSL証明書やWAF(Wabアプリケーションファイアーウォール)の導入をお勧めしています。

フォームやCTA

お客様からのお問い合わせに対応するフォームも標準で搭載しています。
お店の予約やアンケートなどにも利用でき、ファイル添付も可能です。資料のダウンロードや定期購買に直結するCTA(Call to Action)などの設置もインバウンドでは必要です。

ECサイト・ソーシャルメディアとの連携もスムーズに

新着情報やニュース、トピックスの管理をよりスムーズに行えるようCMSで管理し、カートなど他のシステムと連動させる。

コンテンツありきの運用を行い、SEO効果を測るSNSとの連動もお勧めしています。

見込み客の発掘を行うために、商品に付随したブログの運営も欠かせないものとなりました。

情報の網羅性を高め自然検索でヒットするECサイトの運営を目指します。

運用に関するご相談にも対応させていただいております。

コンテンツの優先順位、目標に合わせたSEO計画、解析を行います。

戦略性を持ったPDCAのサイクルを循環させ、SEO対策に有効なページ作成を行うプロセスをご提案させていただいております。

コンバージョン率の目標を設置し、検索連動型広告を行うことも場合によっては必要なことです。

無料での診断を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。